スポンサードリンク


自転車と自動車の事故の健康保険は?

自転車と自動車の事故で、自転車の過失が多くて、自転車の運転者が怪我をした場合、自転車の運転者が相手の自動車の自賠責保険に対して被害者請求をするのがいいのですが、ここでちょっとしたアドバイスです。




自賠責保険の場合、死亡ではなく、治療などで請求できる金額は120万円です。大まかな内訳は、実際の治療費、慰謝料、休業損害などです。そこで、治療費を低く抑えることができれば、思いがけなく治療が長引いても、すべての金額が120万円以内におさまることができる可能性が大きいと思います。





そこで、治療には健康保険の併用をお勧めします。交通事故での治療だと、何も言わなければ、病院は全額保険を適用せずに請求してきます。これを自由診療といいます。ですから、まず、病院に健康保険を使用して治療してほしいと依頼してください。本人からの依頼であれば病院も応じます。これで、3割負担であれば、治療費の7割を節約できます。月10万円の治療費であれば自賠責保険の負担は3万円になるわけです。





さて、ここまでお読みいただいた方の中には、自賠責保険を超えたら自動車の側に請求すればいいのではとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、そうした場合、問題になるのは過失割合なのです。たとえ、治療費等の総額が200万円だとしても、自動車の過失が1割だと責任補償額は20万円でしかないのです。



つまり、自賠責保険の120万円は負傷はしていても加害者である自転車の運転者にとっては大切な金額なのです。ですから、まず、これを有効利用する方法を考えるべきだと思います。


スポンサードリンク




生命保険の選び方なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ







ドライブレコーダー 最新一覧 By 楽天


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。