スポンサードリンク


満期保険金の特別控除とは?

生命保険や損害保険の満期金や満期返戻金は一時所得となります。満期返戻金を受け取ったときは、確定申告で申告しなければなりません。

例えば、12月に満期になって1月に満期返戻金を受け取ったときは、12月に受け取ったとみなして申告することになります。

なお、その計算方法ですが、満期返戻金から支払った保険料の総額を引いた額から特別控除の金額(50万円またはその残額のいずれか少ない額)を引いた金額が一時所得となります。

つまり、満期保険金額と保険料の総額との差額が50万円以下のときは税金がかからないということです。なお、一時所得の金額を他の所得と合算する場合は、一時所得の金額の2分の1の金額を他の所得に加えて総所得金額を算出します。

ちなみに、満期返戻金の支払額の合計が同じ人で1年間に100万円を超えた場合、保険会社は所轄の税務署に支払調書を出します。つまり、100万円を超えた満期保険金を支払いましたと保険会社が税務署に知らせるわけです。ですから、該当する人は確定申告で申告することをお勧めします。逆に言えば満期返戻金が100万円以下の人は申告する必要がない?

スポンサードリンク




生命保険の選び方なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ







ドライブレコーダー 最新一覧 By 楽天


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。