スポンサードリンク


自動車と自転車の事故での保険は?

自動車と自転車の衝突事故で自動車の方が過失割合が多いとき、つまり、自動車が加害者のときは、自動車の任意保険で対処できますのでそちらに任せてしまっていいと思います。

ですが、ここでちょっと裏技です。自動車保険の任意保険は対物や車両の補償ができるんですが、この場合は自転車の損害を補償するのが対物賠償保険で、自動車の修理費などを補償するのが車両保険です。これらは、保険を使用すると自動車保険の次の更改で無事故等級の等級がさがります。これは、皆さんご承知のことです。

ところで、自転車の運転者の怪我を補償するのは対人補償なのですが、実は、2階建てになっています。まず、1階の自賠責保険を使用して足りない分を2階の任意保険で補償するようになっているんです。


自賠責で補償されるのは死亡時は3000万円ですが入通院治療だけのときは120万円を限度に補償されます。ですから、怪我の補償が120万円以内におさまると任意保険を使用せずにすみます。


このときほかの保険を、つまり対物や車両などの補償を受けていなければ任意保険を使用しなかったことになります。事故があったのに無事故となるんです。具体的にいうと10等級の人は保険を使うと次の自動車保険の更改では、7等級ですが、保険を使わないと11等級での更改になるんです。


実際にどう対処するかは代理店さんなどと相談してお決めください。

スポンサードリンク




生命保険の選び方なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ







ドライブレコーダー 最新一覧 By 楽天


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。