スポンサードリンク


自転車と自動車の事故では?

自転車と自動車の衝突事故では、自転車の過失割合が100パーセントになることは稀です。自転車の過失が大きくて自転車の運転者が負傷したときは、基本的には、被害者の自動車の自賠責に被害者請求をします。


ここで、自賠責では、過失割合に関わらず、自賠責の契約者の自動車が加害者、自動車の相手方を被害者と呼びます。自動車の側が自転車の為に自転車運転者の治療費などを自賠責に請求することを加害者請求といい、自転車の側が自分で請求することを被害者請求というわけです。この場合の自転車は加害者なのに被害者となるわけです。


手続きとしては被害者請求のほうが簡便です。もし万一のときは被害者請求をお勧めします。自賠責保険は、使用しても任意保険のように翌年の保険料の変動はありません。そして、自賠責は、治療費などで120万円を限度に支払ってもらえるのですが、この場合過失による減額は無いといっていいと思います。死亡した場合は除きますが。1ヶ月程度の通院治療であればおそらく、この額を超えることは無いと思いますのでその程度の怪我であれば安心していいと思います。


もちろん、警察への届出は必要です。事故証明書の添付が請求には必要になりますから、このとき、早めに示談をすると状況が状況ですから、自動車の運転者への点数も考慮されることが多いです。なお、従来であれば加害者の自転車の救済に被害者である自動車側の保険会社が動くことはありません。現在は多少状況が変わってきているようですから万一のときはご加入の保険会社に問い合わせてください。

スポンサードリンク




生命保険の選び方なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ







ドライブレコーダー 最新一覧 By 楽天


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。