スポンサードリンク


損害保険って?

損害保険は、偶発的な事故であったり、風水害などの予測できない自然災害などの、偶然のリスクによって生じた損害などを補償することを目的とした保険のことです。


この損害保険の中にも色々な目的のものがあり、契約者の所有財産の損害を補償するものや契約者の過失により損失を被った被害者への賠償を補償するものなどがあります。具体的には、自動車保険や火災保険、地震保険や傷害保険などがあります。


損害保険は、大きな特徴として、受け取れる保険金は、損害保険の契約した金額がどれだけ大きいものであったとしても、実際に損害を受けた額を超えることがないということです。


また、損害の額や過失などの有無によって、損害保険の保険金の補償額が変わるという、「実損払方式」が基本です。もちろん、過失の有無に関わらず一定額の保険金を支払う保険商品もあります。ただし、決まった一定額の保険金が保障される生命保険とはかなり違った保険が損害保険です。


損害保険のもうひとつの特徴としては、基本的に地震での損害は傷害保険を含めて補償の対象ではないことです。したがって、地震保険を付保したり、自動車の車両保険は地震の特約を付保したりしないと補償されません。


損害保険は、特に火災保険などは、生活をしていく上で水害などの予知できない自然災害によるリスクを補償してくれる、万が一の時に加入しておいたほうが良い保険です。


特に、あらかじめ水害などの被害を受けやすいと予想される場所に住んでいる人などは、損害保険に加入しておくべきといえるでしょう。このように、きちんと予想しうるリスクに対応できる保険に加入して備えておくことは大切です。

スポンサードリンク




生命保険の選び方なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ







ドライブレコーダー 最新一覧 By 楽天


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。